成都・九寨溝・黄龍・チベット旅行専門~四川省中国旅行社(国家一級国際旅行社)会社概況   お問い合わせ
  • チベット観光案内

  • チベットチベット
    チベットチベット
  •  チベット自治区は中国の南西国境地帯、青海・チベット高原の南西部にある。北は新彊ウイグル自治区、青海省と隣接し、東は四川省とつながり、南東は雲南省と相連なり、南と西はミャンマー、インド、ブータン、ネパールなどの国と接し、国境線は全長4000km近くもある。自治区全域の総面積は122万平方km余りで、中国の国土総面積の約12.8%を占めている。
     チベット自治区の平均標高は4000m以上で、青海・チベット高原の主体をなし、「世界の屋根」と呼ばれている。チベット高原の南側にあるヒマラヤ山の全長は2400kmで、平均標高は6000m以上、そのうち標高8848.13mのチョモランマ峰は世界最高峰である。ヤルツアンポ河はチベット最長の川であり、ヤルツアンポ河大峡谷の深さは5382mに達し、世界で最も深い峡谷である。
      チベット自治区は自らの特有の自然と人文の観光資源を絶えず開発・利用し、現在それぞれの特徴を持つラサ、チベット西部、チベット南西部、チベット南部の四つの観光区が形成されている。
      ラサ観光区:ラサ、ナムツェ(納木錯)、ヤンバジェン(羊八井)、ダムション(当雄)、江孜(ギャンチェ)、澤当(ツェタン)、羊卓雍湖(ヤムドゥク湖)などからなる。
      チベット西部観光区:チベット西部はすなわちアリ地区のことであり、「世界の屋根の屋根」と呼ばれている。この観光区は宗教観光を特色とし、主に普蘭(ブラン)を開港地とし、ネパールとインドの観光者を惹きつけ、神山聖湖には多くの観光客がにぎわう。また国内外の敬虔な信者もまた魅了され、ここに来て拝謁している。
     チベット南西観光区:チベット南西部は現在登山観光を特色とする観光区となっており、主に樟木(チャンム)から入国したネパールの観光者を接待し、この地の山川の景観を見て回り、登山活動を展開することになっている。
     チベット南部観光区:ニンチを中心とし、ここで一日じゅう四季の美しい景色を見ることでき、まっ白な積雪に覆われた山、青々と生い茂る原生林、坂いっぱいに咲くツツジの花ととうとうと流れる川、景色が美しいだけでなく、気候も湿気があって温かい。
お問い合わせ 会社概況 旅行条件書 お支払い案内 プライバシー ポリシー